彼氏との出会い

定額制出会い系サイト■これって「運命」?

縁は異なものといいますが、どこにどんな縁があるかわからないものですね。
まさに私の場合がそうでした。
実は彼氏と私の出会いは、大学のオープンキャンパスだったんです。
出会ったといってもそこで何かがあったわけじゃなく、ある大学のオープンキャンパスでただ私が彼を「見つけ」て「なんだか素敵な人がいるなあ…」と漠然と思っただけなんです。

この時は一緒にいた友達と「あの人かっこいいと思わない?」などと盛り上がっていただけだったんですが、別の日にほかの大学のオープンキャンパスに行ってみると、何とそこにも彼がいるじゃありませんか。
そんな偶然に、私は「運命」を感じてしまいました。

けれども彼は私の存在なんか知らないわけですし、私もどうしたらいいかさえわかりませんでした。
そこで私は友達に頼んで、携帯電話番号とメアドを彼に渡してもらいました。
友達から、彼は突然のことに驚いた様子だったけれども素直に受け取ってくれたと聞いてホッとしました。
でも肝心なのは返事があるかどうか、それからの数日間というものはドキドキの日々の連続でした。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、彼からメールが来たのは一週間が経ってからでした。
メールには、学校の行事が忙しくて返事が遅くなったことへのお詫びと彼の携帯番号が書かれていました。
その日からメールのやり取りが始まり、数日後にはデートの約束をしました。

それからというもの話はとんとん拍子に進み、ついには付き合うことになったんです。
普段は知らない男性に話し掛けることさえできない私がアプローチするなんでウソのようですが、そのおかげで今の幸せな日々があるんです。

Copyright© 2010 この出会いサイトなら確実に出会える! All Rights Reserved.